株式会社エフテック

事例カテゴリ

  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業情報

株式会社エフテック
企業名
株式会社エフテック
PDF
所在地
埼玉県久喜市
社員数
927名
業種
製造業

取組事例

取組の目的
人間尊重を最重要項目とし、従業員のワークライフバランスに配慮し、働きやすい環境づくりに努める。
取組の概要
【トップのメッセージ】
エフテックでは、理念として掲げた人間尊重の考えのもと、仕事と私生活の調和を目指して、育児・介護対象者だけでなく、一般の社員も含めた「働きやすい会社」を目指しています。働く人が生きがいをもって働くためには、充実したプライベートも必要であるとの考え方から、「生活と仕事の両立」を目指した取り組みを行っています。

【ワークライフバランスへの取り組み】
≪長時間残業の削減≫
・労使で所定外労働時間を管理(残業申請必須、各部門で時間数集計)
・各部署の所定外労働時間の報告(3ヶ月毎に会議で報告)
・45h/月以下で実施(通常20h/月で設定)
※1か月の時間外は、通常時間外と休日出勤分を合計して45時間を超えてはならない
・年間協定時間 ⇒ 360時間を限度
・年間通常時間外 ⇒ 240時間を基準

【一般社員の月平均時間外労働時間】
H28年度:12.3時間 H29年度:12.0時間 H30年度:13.4時間(2月末時点)

≪年次有給休暇の取得促進≫
・部門ごとに年次有給休暇計画を立て、休む人が出ることによる要員不足を予め算出して要員補充を実施
・有給休暇取得目標に対する進捗管理を徹底(3ヶ月毎に会議で報告)
・一般社員の時効で消滅する年次有給休暇を全員「0」とする。
⇒ 一般社員の有休消化率100%(19年連続達成中)
・半日有給休暇制度(年20回取得可)※H31.4より運用
⇒ 育児・介護・通院等、個人の状況に合わせ柔軟に対応できるように。
・連続休暇制度
⇒個人で5日間連続の年次有給休暇を取得可能(勤続3年以上)この他に5月、8月、年末年始にそれぞれ7~10日間の連休を設定

≪多様な働き方・両立支援の推進≫
・開発部門(芳賀/栃木)でフレックスタイム制度を実施
・男性社員の育児休業・短時間勤務の利用促進(2016年~育休4名、短時間2名利用)
・管理職向け「仕事と育児・介護の両立支援制度」説明会を実施
・社内ポータルサイトに「仕事と育児・介護の両立支援ガイドブック」を掲載
・産休・育休対象者への3WAY面談制度(産休前・復帰前・休職中の定期連絡)
・育児のための短時間勤務制度(小3修了時まで)※法を上回る
・介護休業(対象家族1人につき通算最長1年までの範囲内で3回を上限)※法を上回る
~その他多数制度あり~ 取組の概要
現状とこれまでの取組の効果
【取得認定実績】
厚生労働省:「くるみん認定」 平成30年度認定
ハローワーク:「職場定着協力事業所」として平成27年度認定
埼玉県:多様な働き方実践企業認定(ゴールド)平成27年度認定
埼玉県:シニア活躍推進宣言企業 平成28年度認定
(H31.3)

事例を評価する