「働き方・休み方改善指標」を
用いた自己診断

「働き方・休み方改善指標」を用いることで、長時間労働や年次有給休暇に関する状況を把握しやすくなります。

自己診断を始める

本ポータルサイトの自己診断機能の活用方法

レーダーチャート、チェックリスト、取組提案

本ポータルサイトでは、まず、概要ページにて、本事業で実施した企業アンケート及び労働者アンケートの結果より、働き方・休み方に関する課題と取組状況を紹介しています。

次に、このページの「働き方・休み方改善指標を使ってみましょう」では、今回新たに見直しを行った「働き方・休み方改善指標」について解説を行っています。指標には、企業向けと社員向けに、それぞれレーダーチャートとチェックリストがあります。

企業向けの指標を活用して、課題分析を行っていただくと、診断結果に基づいて企業として優先的に行うべき取組提案が示されますので、自社の課題や取組内容を分析・検討する際の参考としてください。 また、社員向けの指標は、社員が自身の働き方・休み方を自己診断するために活用いただくほか、社員全体を対象としたアンケート調査等により、社員の職場環境に対する認識や、日頃の仕事の進め方等を把握し、職場において改善が必要な取組を検討する際にも活用することができます。

働き方・休み方改善指標を使ってみましょう

「働き方・休み方改善指標」を活用して、働き方・休み方に関する自社の現状把握や、取組状況をチェックしてみましょう。
指標の構成は次のとおりです。

  • 企業向け

    企業向け

    「企業向け」は、人事労務担当者が記入します。

    「レーダーチャート」と「チェックリスト」の2つで構成されており、それぞれ企業の人事労務担当者が記入します。企業全体だけでなく、特定の部署や職場を対象に診断を行うことも可能です。働き方・休み方改善に向けた今後の対策を検討するため、労働時間や休暇取得等の実態をデータに基づいて把握するとともに、関連する自社の仕組みや制度の有無を再確認し、今後の取組の示唆を得ることを目的としています。

    個々の企業に対する取組提案は、タイプ診断・チェックリストの結果に基づいて、必要な取組が提案されるようになっています。

  • 社員向け

    社員向け

    「社員向け」は全社員、あるいは改善の取組を推進しようとする職場や事業場・部門等の社員が記入します。 社員本人が回答するものになりますので、社員アンケート調査の形式で実施してもよいでしょう。

    「レーダーチャート」と「チェックリスト」の2つで構成されており、全社員、あるいは改善の取組を推進しようとする職場や事業場・部門等の社員が実施します。社員が自身の働き方・休み方を確認し、また、職場の改善について考える際に活用できるツールという位置づけに加えて、企業の人事労務担当者が働き方・休み方に関する社員の認識や実態、職場の状況を確認することで、企業・社員の認識の違いや、企業・職場における取組の有効性を確認する際に活用することを目的としています。