株式会社前田製作所

事例カテゴリ

  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業情報

株式会社前田製作所
企業名
株式会社前田製作所
PDF
所在地
長野県長野市
社員数
597名
業種
製造業

取組事例

取組の目的
『誠実・意欲・技術』を社是とし、お客様・株主・社員・地域社会・ビジネスパートナーの「すべてのステークホルダー」への安全と安心の提供を目指している。
「安全は、会社の良心である」という考え方に基づいて、役員・社員それぞれが持つ能力と多様性(個性)を尊重し、職場で働くすべての者の安全と健康に配慮した快適な職場環境の確保を目指しており、今年度は特に「心の健康」を重視している。
取組の概要
<現在の取組>
○トップメッセージ
「MAEDA働き方改革宣言」(平成29年4月1日制定)
・我々はワーク・ライフ・バランスを重視し、時間外労働を限りなく削減します。そのため、業務のIT化を推進し、また常に業務の見直しを推進します。
・我々は社員一人ひとりが持つ多様性を尊重します。中でも、女性活躍の機会を拡大し、能力が発揮できる職場づくりを推進します。そのため、女性の職域を拡大し、女性が挑戦できる社風を醸成します。(代表取締役社長)
~当該宣言は全事業所に掲示するほか、会社ホームページにも公表している。~

○所定外労働時間の削減の取組
①ノー残業デーの実施(毎週水曜日)
②「業務改革室」の設置(平成29年4月)
③勤怠管理システムの導入(平成30年2月)
④店舗営業時間の短縮(レンタル部門)
⑤全社員完全週休二日制の導入
⑥フレックスタイム制の導入(平成30年4月)

○年次有給休暇の取得促進の取組
①年次有給休暇の計画的付与:一斉有給休暇取得日5日・有給休暇奨励日4日
②前々年度の失効年休を私傷病に限り利用可能(上限設定なし)
③配偶者の出産休暇(特別休暇:有給3日)

○業務効率化に向けた取組
①車両管理システム「KOMTRAX(コムトラックス)」の活用
建設機械の車両情報を、GPSにより遠隔で確認できるシステム(株式会社小松製作所開発)を導入し、現場に出向くことなくインターネット上で稼働状況・故障情報の確認により顧客のニーズに合ったメンテナンスサービスの提案が可能となる。
②タブレット端末導入による事務作業の効率化

○女性活躍推進に向けた取組
①「女性活躍推進について」社長のメッセージを全社員に向けて発信
②「女性活躍推進チーム」の設置(平成28年10月発足)
③意識改革のための社内教育資料(ガイドブック)の作成

<今後の課題・取組>
・育児・介護休業等を社員がこれまで以上に利用しやすいように制度の改定を検討している。
・介護休業等の利用者はまだいないが、他社の取組等を参考にしながら進めていきたい。
・女性活躍推進に向けた意識改革のためのガイドブックは、今後も半期に1度ずつ作成していきたい。
現状とこれまでの取組の効果
○年間平均所定外労働時間数の推移
平成26年度:19.4時間
平成27年度:19.2時間
平成28年度:17.3時間
平成29年度:17.4時間

○年間年次有給休暇取得率の推移
平成26年度:48.8%
平成27年度:53.3%
平成28年度:57.8%
平成29年度:61.4%

○障害者雇用率: 2.32%
○65歳超雇用数: 27名
○直近3年間(平成27~29年度)新卒採用者数: 67名
○新入社員3年間の離職率の推移
平成22~24年度:33%
平成23~25年度:23%
平成24~26年度:25%
平成25~27年度:15%
平成26~28年度:8%
平成27~29年度:6%

○女性社員の育児休業取得率:100%、同休業からの復帰率:100%
○育児休業取得者の推移
平成27年度:3名
平成28年度:3名
平成29年度:2名
(H30.6)

事例を評価する