三菱日立パワーシステムズ株式会社

事例カテゴリ

  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業情報

三菱日立パワーシステムズ株式会社
企業名
三菱日立パワーシステムズ株式会社
PDF
所在地
神奈川県横浜市
社員数
12,264名
業種
製造業

取組事例

取組の目的
・「社員の生産性向上」と「企業価値の向上」を同時に実現する
・多様な人材が活躍できる職場環境をめざす
取組の概要
<現在の取組>
○トップメッセージの発信
従来より様々な取組を行ってきたが、平成29年10月に取組を整理・補強し本社地区で先行実施するに当たり、働き方改革に係る社長メッセージを発信。
○時間外労働の削減
・従来のスーパー定時退場日(毎週水曜日)に加え、毎週金曜日も追加。
・朝型勤務(終業後残業から始業前残業へのシフト)を推奨し、早朝勤務者に対し軽食の提供を開始。
・20時~翌朝5時までの時間帯及び休日の社用メール発信を原則禁止。
・半年に1度、残業・休暇取得実績を経営会議で報告するとともに、毎月の実績データを管理者に提供し、管理者の残業削減、休暇取得促進に向けた意識を醸成。
○年次有給休暇の取得や柔軟な働き方
・年次有給休暇取得目標を年17日と設定し、実績を発表。
・部門によりフレックスタイム制や裁量労働制を適用している。
・在宅勤務制度があり、育児・介護等の特定事由に該当する社員は自宅での勤務が可能。

<今後の取組>
・本社地区先行実施の結果を踏まえ、効果が見込める取組を全社展開する予定。
現状とこれまでの取組の効果
○現在、本社地区のスーパー定時退場日には社員の9割以上が定時退社。
○年次有給休暇の取得状況は、年22日付与で15日強取得。
(H30.2)

事例を評価する