丸文通商株式会社

事例カテゴリ

  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業情報

丸文通商株式会社
企業名
丸文通商株式会社
PDF
所在地
石川県金沢市
社員数
259名
業種
卸売業

取組事例

取組の目的
弊社では、社員が心身ともに元気に働ける職場づくりを目指し、健康づくりのための「健康企業宣言」を掲げており、これを実現するためには、長時間労働の解消をはじめ、ワークライフバランスや女性の活躍推進などを含めた「働き方改革」が重要であることを認識し、積極的に取り組むことにしました。
取組の概要
<現在の取組>
○トップメッセージ
弊社では、企業理念の1つに「社員一人ひとりが喜びと誇りを持ち、活力にあふれた企業風土を醸成します」と掲げており、「全従業員に対する適切な健康管理」「労働時間・休日・休暇の適切な管理」「従業員や従業員代表との誠実な対話・協議」「従業員のキャリア形成・能力開発の支援」等に取り組みます。

○長時間労働の解消に向けた取組
・ノー残業デーの導入(週2日、水曜・金曜)
・仕事のムリ、ムダ、ムラをなくすため、段取りを組み、残業では事前申請を徹底し、上長は残業の必要性の精査を行うこととしている。
・外出時に業務を可能とするために、持ち出しPCを全営業・サービスへの配布を進めており、帰社後の業務時間軽減を図っている。
・会社全体での会議は、WEB会議システムを用い、本社開催会場を非固定化し、移動時間などの時間短縮、本業に注ぐ時間を確保している。

○年次有給休暇の取得促進の取組
夏季及びGW休暇について、連続休暇の取得促進

○ワークライフバランスへの取組
・育児休業を取得しやすい職場環境づくりに努め、女性の育児休業取得100%を継続
・子の出生時に、対象男性に対し育児休業を推奨(併せて両立支援助成金の制度を周知)
・育児短時間勤務や時差出勤の制度について、その対象を「小学校就学の始期に達する
までの子」を養育する従業員と規定

○女性活躍推進の取組
・女性の業務改革
⇒2015年度、資格取得奨励制度をバージョンアップし「教育委員会」を発足して対象資格を増やし、かつ奨励金を手厚くし資格取得に向けて自己啓発を促し、自発的なリーダーシップを発揮する雰囲気が醸成された。
・女性の業務改革に向けて、自らが改革に取り組むための、チームを結成(WOOR)。WOORチームにて、業務の洗い出し・均等化・バックアップ体制・サブチーム体制(AS、SS、OP)を発案し、管理本部長へ提言し、採用された。WOORチームより、物流拠点に1サブチームを移動させることが効率的と立案され、物流拠点(白山センター)にて新組織(OP)が立ち上がった。
・初めて女性社員全員を対象としたキャリア形成に向けての研修を2年に渡り行った。
⇒2016年度 女性管理職が1名 2017年に3名
⇒2017年度 職掌転換制度、地域限定総合職制度を立ち上げ3名の女性が一般職から地域限定総合職へ。新たに女性監督職も3名登用された。

<今後の課題・取組>
○年次有給休暇の取得促進及び長時間労働の解消に向けた取組
・年次有給休暇取得率70%を目指す
・勤務間インターバル制度の導入を検討中
○女性活躍推進の取組
・女性の総合職への職掌転換と管理職・監督職への登用20%を目指す
・採用者に占める女性の割合向上を積極的に進める
現状とこれまでの取組の効果
○年次有給休暇取得率
 2016年度実績(32%) → 2017年度実績(44%)
○平均勤続年数
 2018年3月末時点 13年
○育児休業取得率
 2017年度実績 女性100% 男性33.3%
○育児休業取得者
 2017年度実績 女性1名 男性1名
○2018年9月にえるぼし認定(認定段階2)を取得
(H31.2)

事例を評価する