「働き方・休み方改善指標」を用いた自己診断

「働き方・休み方改善指標」を用いることで、長時間労働や年次有給休暇に関する状況を把握しやすくなります。
この指標の構成は、次のとおりです。
指標の構成図


あなたの会社の「働き方・休み方改善指標(企業向け)」を作成し、実態と課題の把握を行いましょう。

▼ 企業向け診断結果イメージ
簡単な設問に答えるだけで、現状を「見える化」できます。
結果は、グラフで視覚的に把握することができます。