取組・参考事例PDF形式で見る

事例カテゴリ
  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業名 大野土建株式会社
所在地 北海道士別市
社員数 29名
業種 建設業
取組の目的 社員一人ひとりが、やり甲斐・生き甲斐を感じ、仕事と家庭の両立を図ることで、働きやすい職場づくりを推進する。
取組の概要 〈現在の取組〉
○トップメッセージ
平成20年11月に「次世代育成支援対策推進法」に基づく「一般事業主行動計画」を策定し、次世代育成支援対策をスタートした。
職員が、仕事と子育てや家族の看護などの家庭生活の両立を通じ、その能力を十分発揮できるよう、職場環境の整備を進めていく。
○年次有給休暇取得の推進
GW・夏季休暇・年末年始休暇の前後に年次有給休暇を組み合わせて、連続休暇を取得するよう奨励
○特別休暇(有給)
結婚(7日)、配偶者の出産(3日)、弔事(4日~7日)、裁判員参加(必要な日数)等の付与
○子の看護休暇(有給)
小学校就学始期までの子に限らず、子が高校卒業までの期間を対象に年間5日付与

〈今後の取組〉
○年次有給休暇取得促進
年次有給休暇取得に個人差があるため、取得が少ない社員に対し取得の勧奨を行うとともに、各部門内においても調整を図り、個人取得目標日数を設定することで、取得率向上に取組む。
現状とこれまでの取組の効果 ○北海道両立支援推進企業表彰の受賞(平成26年度)
○一般事業主行動計画による取組(平成26年度)
連続休暇の取得:連続休暇取得の取組により、年末年始休暇期間を原則として12連休とした。
年次有給休暇取得率:43.5%
○子の看護休暇:子(高校生)の看護休暇の取得1名(平成24年度)
(H27.12)