ポジションマップで分かること

働き方と休み方のどちらに問題があるのか(ないのか)を視覚的に把握できます。
自社の「週労働時間60時間以上の雇用者の割合」と「年次有給休暇取得率」をポジションマップに入れると、平均値や目標値との比較により、自社の働き方や休み方の改善の方向性を確認することができます。

ポジションマップ(イメージ図)
ポジションマップについて

左に行くほど労働時間が、また、上に行くほど年次有給休暇が適正な状態といえます。
より薄い色の位置ほど、望ましい状態といえます。