株式会社富士通ワイエフシー

事例カテゴリ

  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業情報

株式会社富士通ワイエフシー
企業名
株式会社富士通ワイエフシー
PDF
所在地
神奈川県横浜市
社員数
255名
業種
情報通信業

取組事例

取組の目的
企業の源泉は社員です。社員一人ひとりがIT技術を活用した明るい未来作りに向かってチームで明るく元気に、健康的でやりがいの持てる、働きやすい環境を社員と共に更に整えていきます
取組の概要
<現在の取組>
○時間外労働削減
・IT機能を活用し社員の出退勤時刻を把握。幹部社員は部下のタイムカードを常時閲覧することが可能。
・人事部門から幹部社員に対して、部下の時間外労働時間をプッシュメールで送信しており、幹部社員が個々に面談等を実施。
・全社員の時間外労働時間を幹部社員に週1回メールしている。毎月の安全衛生委員会で月40時間以上の時間外労働をした社員を報告。
○年次有給休暇の取得促進
夏季(6~9月)に1週間休む場合の休暇取得パターンを6パターン示し、原則5日間以上の連続した年次有給休暇の取得を呼びかけている。
○両立支援制度
育児休業や育児短時間勤務は法定を上回る制度となっている。
〇その他
・半日休暇の取得可能日数を増加。
・10年に一度、リフレッシュ有給休暇(連続5日間)を支給。
・育児/介護事情等による短時間勤務者へFLEX勤務(コア有り/無し)の適用を拡大
・週に一回の一斉定時退社の促進。
・やりがいづくり委員会/ダイバーシティ推進WGを設置し働き方改革をボトムUPで活性化。
・かながわ健康企業宣言済み。現在、厚労省の健康経営優良法人認定に向けた活動を実施中。
<今後の取組>
○テレワーク
10年程前に全社導入/運用してきたが、現在は幹部社員のみ利用。今後、社員の意見をインタビューし運用改善を図っていく予定。
現状とこれまでの取組の効果
○年次有給休暇の取得は、年平均16日。   ○育児休業取得者は100%復帰。
(H29.6)

事例を評価する