取組・参考事例PDF形式で見る

事例カテゴリ
  • 所定外労働削減
  • 年休取得促進
  • 多様な正社員
  • 朝型の働き方
  • テレワーク

企業名 株式会社ほしの
所在地 北海道札幌市
社員数 110名
業種 小売業
取組の目的 当社の経営理念「私たちは、おもてなしの精神で、お客様に喜びと感動を提供し、社員の幸せ、お取引先や地域の繁栄を実現して、全ての人に感謝し、感謝される企業を目指します」。この事を実現するには、ES(従業員満足度)の向上が肝要と考え、働きやすい職場作りを推進する。
取組の概要 〈現在の取組〉
○トップメッセージ
平成23年3月に次世代育成支援対策推進法に基づく、「一般事業主行動計画」を策定し、年次有給休暇の取得率向上、育児休暇を取得しやすい環境作りを目指して推進している。

○年次有給休暇取得の推進
平成28年4月より、アニバーサリー休暇制度を導入。1年間で5日間のアニバーサリー休暇取得予定表を事前に提出し、誕生日、結婚記念等の日に計画的に取得しやすい環境作りを推進している。

○特別休暇(有給)
一般的な慶弔休暇や裁判員特別休暇の他に、永年勤続リフレッシュ休暇(7日)や病気やケガによって長期療養を余儀なくされた者に対し、過去に失効した有給休暇を3年間遡って復活使用を認める。

○育児休暇取得の推進と復帰しやすい環境作り
①平成26年2月より当社独自の子育て支援制度を実施。子供が3歳に達するまで毎月3万円を育児手当として支給する。現在、2名に支給中。
②地方店舗在職者が育児休暇を取得しやすい様に「ヘルパー交代要員登録制度」を作り、育児休暇取得者が出た場合、本人も店舗スタッフも安心出来る環境整備を行っている。
③子育て中の諸事情に対応出来るように、累計2日分の時間有給(特別休暇)を認める。

〈今後の取組〉
○有給休暇取得の更なる推進
平成28年度に提出した「一般事業主行動計画」では、有給休暇の取得率を5年後65%にしているが、早期に70%の達成を目指す。その為には、部署毎、個人別の管理表を作成し進捗状況を把握し、タイムリーに促進指導を出来る体制にする。

○残業時間の削減
残業時間は、全社平均で年間30時間程度であるが、部署によってのバラツキがあるので是正する。
3KM手帳(独自)を全員に配布し、改善目標を設定、個々人の行動管理を徹底し改善を図る。
現状とこれまでの取組の効果 ○札幌市ワーク・ライフ・バランス取組認証{ステップ3 先進取組企業}(平成26年度)
○年次有給休暇取得の推進
「一般事業主行動計画」を最初に提出して取組んだ平成24年度の実績は39%。その後、積極的に取得を奨励した結果、平成27年度実績:51.6%(特別休暇取得を除く)に改善。
○育児休業取得者:3名(全員復帰済み)
○離職率の改善
有給休暇の取得や育児休業制度の充実を含め、職場環境の改善により離職率が大幅に改善した。
ES(従業員満足度)の観点が欠けていた平成15年度頃は、離職者数が全従業員数の60%前後。それが、直近の平成27年度で17%まで改善。
(H29.2)